Sponsored Link

『非特異的腰痛』

『特異的腰痛』

痛みの概念

慢性腰痛に薬物療法

  • 抗うつ薬に鎮痛作用

    最近の研究で抗鬱薬に鎮痛作用がある事が分かってきています。

    最新治療薬
  • 慢性腰痛に効く薬

    上手に薬物療法と運動療法を組み合わせる事で痛みと上手く付き合っていきましょう。

    最新薬物療法

Sponsored Link

座骨神経痛とは?

 神経の走行に沿って起きる痛みを神経痛といい、座骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症等によって起きる症状です。坐骨神経は腰部の神経からスタートして大腿部〜下腿部〜足先まで広く走行します。運動、知覚、自律神経の繊維を含んでいるので 、障害されると痛み・しびれ・運動障害が出現します。

発症年齢・症状

 坐骨神経痛は発症頻度が高く若年層〜高齢者にまで広くみられる腰椎椎間板ヘルニアでは腰痛・下肢痛、足部の筋力が低下して歩行時にスリッパが脱げたり足が冷たくなったりビリビリしびれたりします。診断は症状や神経学的な検査、MRI(核磁気共鳴コンピュータ断層画像)によって行われます。座骨神経痛の検査には下肢伸展テスト(SLRテスト)が行われます。

 仰向けになって膝を伸ばしたまま股関節を曲げた時に腰部〜下肢の痛みがあれば陽性です。坐骨神経は腰部から臀部を通って代替へ走行します。臀部の中央付近を指で押すと坐骨神経を刺激する事ができ痛みがあれば陽性です。

ブロック療法・物理的療法・理学療法

ブロック療法(腰部硬膜外ブロック療法・神経根ブロック療法など)は薬物療法が無効な場合に提案され、ペインクリニック科で施行されます。間歇跛行改善や除通を目的にした局所麻酔剤(トリガーポイントブロック注射)やステロイド剤、非ステロイド剤を神経周囲(腰部硬膜外腔)へ注射します。

 理学療法(物理療法と運動療法)は、身体の運動力低下などに対応して処方されます。物理療法には電気刺激・温熱刺激・牽引・マッサージなどがあります。

Sponsored Link

関連記事

ぎっくり腰

慢性痛の仕組みとメカニズム