Sponsored Link

『非特異的腰痛』

『特異的腰痛』

痛みの概念

慢性腰痛に薬物療法

  • 抗うつ薬に鎮痛作用

    最近の研究で抗鬱薬に鎮痛作用がある事が分かってきています。

    最新治療薬
  • 慢性腰痛に効く薬

    上手に薬物療法と運動療法を組み合わせる事で痛みと上手く付き合っていきましょう。

    最新薬物療法

Sponsored Link

『抗うつ薬』が慢性痛・慢性腰痛に効果的

抗うつ薬
の鎮痛効果とメカニズム

慢性痛・慢性疼痛の発生機序やメカニズムは少しずつ解明されてはいますが、病態生理は複雑で未だ明らかでない部分も多く様々な薬物療法が試みられています。慢性的に続く痛みは抑うつ症状を伴うことが多く抑うつ症状が遷延して疼痛がひどくなったり、逆に疼痛が抑うつ症状を悪化させ ることがしばしば認められています。近年、持続する灼熱感やしびれなどの異常感覚痛である慢性痛に対して抗うつ薬が用いられています。

鎮痛作用の仕組み

慢性的に痛みを訴える患者には、抗うつ薬に鎮痛効果がある事が分かってきています。抗うつ薬とは読んで字のごとくうつを制御する薬です。抗うつ薬には、三環系・四環系抗うつ薬、選択肢的セロトニン再取り込み阻害剤SSRI)、選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害剤SNRI)などが存在します。慢性痛の患者さんの中には、抗うつ薬を処方されると、自分の痛みの原因は精神的な問題なのかと悩む方もいます。しかし、慢性痛の患者さんに抗うつ薬が処方される場合、本当にうつ症状を改善される為に処方される訳ではありません。

抗うつ薬と慢性痛

うつ患者では脳内のセロトニンやノルアドレナリンが低下しています。それを補う為にいったん分泌されたセロトニンやノルアドレナリンが再び取り込まれるのを防ぐ事で、脳内の濃度を維持する事を目的に、三環系抗うつ薬が開発されました。しかし、セロトニンやノルアドレナリンには鎮痛作用も存在している為、鎮痛薬としての役割が出てきたのです。

抗うつ薬の種類と副作用

抗うつ剤と慢性痛

一方、セロトニンやノルアドレナリンは、抗うつ効果や鎮痛効果にも様々な部位に作用している為、口の乾きや便秘、さらには心臓への重篤な副作用が出現してしまいます。
そこで、副作用の少ない薬剤として四環系が開発されました。しかし、副作用に大きな違いは見られず、現在ではより副作用の少ないSSRISNRIなどの薬剤が開発されました。SSRIやSNRIは三環系抗うつ薬ほどうつや痛みを制御する事は出来ませんが、副作用が少ないため現在では抗うつ薬や痛み止めとして用いられています

抗うつ剤の疑問

抗うつ剤など痛みを和らげる薬を利用するのは良いですが、薬ばっかりに頼るのではなくて運動をする事によって脳内から内因性のオピオイド物質(天然の鎮痛効果)が出るので身体を動かしつつお薬を上手に使っていきましょう。また、自分を取り巻く痛みの増悪因子(環境)を変えたり、痛みをやっつけると言う考え方ではなくて『痛みを認める』事も大切です。一度、慢性痛に陥ってしまうと治療するのは困難を極めますが、この様に痛みと上手につきあっていく事で克服する事はできます。

慢性痛・慢性疼痛

慢性痛・慢性疼痛について詳しく分かる書籍

長く続く痛みのメカニズムについて、入門レベルを越えるぐらい詳しく説明されています!

うつ病などでセロトニン神経の働きが抑制されれば、セロトニンがほとんど分泌されないため、自己鎮痛が起こりません。それで怒りや不安などの感情的ストレスが加わると、普段より痛みを強く感じることになります。主に慢性痛・慢性疼痛症・心因性腰痛など慢性的痛みに苦しんでいる人に読んでほしい本です。

Sponsored Link

関連記事

認知行動療法とは?

慢性痛の仕組みとメカニズム