Sponsored Link

『非特異的腰痛』

『特異的腰痛』

痛みの概念

慢性腰痛に薬物療法

  • 抗うつ薬に鎮痛作用

    最近の研究で抗鬱薬に鎮痛作用がある事が分かってきています。

    最新治療薬
  • 慢性腰痛に効く薬

    上手に薬物療法と運動療法を組み合わせる事で痛みと上手く付き合っていきましょう。

    最新薬物療法

Sponsored Link

腰痛エクササイズの順序

腰痛体操のやり方
柔軟性の向上→筋強化&バランス改善→パワーアップ

腰痛体操には、大きく3つの目的があります。

  1. 背筋を整える(柔軟性と左右差の改善)
  2. 反り腰を改善する。(原因となる筋肉群のバランス改善)
  3. 骨盤の傾き(骨盤傾斜)を改善する(原因となる筋肉群のバランス改善)

これらの目的の為に、柔軟性・筋肉・バランス改善のエクササイズを行っていく重要な順序があります。

  1. ストレッチ
  2. 筋強化&バランス改善
  3. パワーアップ

基本的にストレッチを中心として柔軟性を高めて行く事が重要です。次に弱い筋肉を強い筋肉レベルまで強化し引き上げてバランスを改善します。 さらに全身的な筋肉強化および体幹を意識したトレーニングをして行くといいでしょう。

やり方

img_04

内転筋群(股関節)をストレッチ

まず、膝を曲げて開脚します。力を抜いて左右にゆっくりと開いていき気持ちのいい所でストップします。そして、体を前に倒していき腰部または股関節をストレッチします。

内転筋群が硬いと骨盤が傾きやすくなり、中・小臀筋がよわくなりやすくなります。

img_05

膝を抱え込む

写真のように膝を抱えまるまります。腰部から背筋にかけてハリのある所をストレッチさせましょう。

img_05

背筋群のストレッチ

片膝を立てます。そして、立てた膝と反対方向の腕を立てた膝の上にかけ上半身を写真のようにひねります。そうすると、ひねった方向と逆の背筋群が気持ちよく伸ばされます。

※背筋群が硬いと反り腰になり、腹筋が緩んで弱くなってしまいます。硬く伸びにくい側をチェックして、伸びない方を良く伸ばすようにしましょう。

img_05

大殿筋を伸ばす

膝頭を胸に近づけるようにして大殿筋をストレッチさせましょう。

※大殿筋が硬いとイスに座った時に痛みやしびれを感じる事があります。

img_05

腸腰筋を伸ばします

腰を剃らせないように注意しながら、足を前後に開いて片膝を床に着けます。上半身と大腿部がまっすぐになると、股関節の前側(腸腰筋)がよく伸ばされます。

 腸腰筋が硬いと反り腰になり、大殿筋や中・小殿筋の柔軟性に影響を与えます。

Sponsored Link

関連記事

ストレッチポールで腰痛改善

体感トレーニングで腰痛解消法